« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

東京将棋会館

昨日、東京将棋会館に行きました。

一局だけ書こうと思います。

相手は研修会D1の5段

図は振り飛車対引き角の終盤戦(先手がたぬきjr)

Bant001_2 

ここで相手が3七龍?としてきました。

以下同飛、5五角?3六飛と進みました。

相手の読みは5五角 3三飛成 7六桂だったそうですが、3六飛で桂馬が打てなくなりました。

5五角の所では先に桂馬を打つべきでした。

3七龍の所では4八龍のほうが勝ったそうです。

最後もまた逆転してしまいそうでしたがどうにか勝てました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お詫び

先日作った詰将棋10と必至に不備がありました。

大変申し訳ありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

詰将棋10

詰将棋です。

Bant001

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必至1

必至を作ってみました。

これからは、必至もたまに作ってみようとおもいます。

Bant001

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋9

詰将棋9です。

Bant028_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島教室

今日、小島教室にいきました。

その時の将棋を二つ書きます。

図1は角換わりの将棋で僕が仕掛けた所です。

Bant026

ここで、僕が▲9五歩と突いてしまったのですが、すごく悪い構想でした。

ここでは、▲2八飛と引いて、△2三歩と打ったら7五歩や5六角ぐらいの気持ちでやれば

よかったそうです。

二つ目アマ強豪の指導対局

図は終盤戦

Bant025

ここで、僕が▲5三金といったのですがひどい手でした。

同金で詰むと思っていたのですが全然詰みませんでした。

ここでは▲7四成銀と引いておけばはっきり勝ちでした。

この対局は色々好手を出したので負けてしまい残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋

お久しぶりです。

詰将棋です。

Bant023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小江戸川越名人戦

今日川越名人戦に出ました。

結果は4位でした。

今日は最終戦の事を書きます。

図はたぬきJr.の四間飛車。

Bant020

図から6五歩としました。

この手の意味は、角道を止めれば6七銀から6六銀として高美濃にせず、仕掛けてしまおうという手です。

角交換してくれば、9六歩、9七香、9八飛として香車をさばいてしまおうという意味です。

そして、何手か進んで図

Bant021

ここから、9三香成、同香、9四歩、同香、同飛、9三歩、9八飛、3二金、6一角、6七角

と進みました。

9三歩で9三香は7一角、7二飛、8四飛、7一飛、8ニ飛成で先手優勢です。

最後6一角では9二歩としてれば難しかったのですが、角を使ってしまったので6七角が厳しく後手優勢となってしまいました。

最後はがんばって粘ったのですが、負けてしまいました。

強かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋7

詰将棋です。

Bant001

相手の持ち駒は残り全部です。書き忘れてしまってすいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オール学生

今日オール学生将棋選手権に出ました。

結果は予選落ちでした。

一回は勝ったのですが、後の2回は大学生の強い人と当たってしまい、負けてしまいました。

ちょっと、ひどい将棋だったので図面を書くのはやめておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四段昇段

昨日、東京将棋会館で四段に上がりました。

その後昨日5連勝しました。

その5連勝目の対局の事について少し書きます。

図は僕が6六歩とついた所

Bant018

ここで3四銀と上がっていれば相手は作戦勝ちだったのですが、実戦は3四飛。

この手もあるとは思いますが、3四銀には劣るかなと思いました。

3四飛からは押さえ込んでいき勝つことができました。

これで20連勝して、回数券をもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

詰将棋6

詰将棋です。

今回のはかなり長いです。

Bant001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千駄ヶ谷.新春トーナメント

今日、東京将棋会館道場に行きました。

新春トーナメントに出ようかと思っていたのですが、人がいっぱいで、出られませんでした。

今日は準決勝のZ五段とK三段の勝負を、少し書こうと思います

図は飯島流引き角対振り飛車の終盤。

Bant017 先手の手番なのですが、ここで8四馬や9一金なら、寄っていたと思うのですが、8一金とやってしまったのですかさず、9二玉と下がられて寄らなくなって逆転してしまいました。

そして、Z五段は決勝も勝って優勝していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋5

詰将棋5です。

持ち駒に制限加えてみました。

ただ角や桂馬が2枚あると、詰まない筋があったり、余詰があったりするだけなのですが・・・・Bant016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮将棋センター正月トーナメント

今日、大宮将棋センターの正月トーナメントにでました。

けれども、二回戦で負けてしまいました。

↓の図は、二回戦の序盤です。

Bant014

ここでは僕が銀冠を目指していれば、作戦勝ちだったのですが。

仕掛けてしまったので、悪くなってしまいました。

そして、十手ぐらい進んで実戦3図

Bant015

先手が7五歩と突いてきた所です。

ここで僕は4六飛と出ましたが、ここでは同歩と取って5八歩成から7六金を狙う手もあったそうです。

以下は完敗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春お好み対局

今日は、新春お好み対局について書こうと思います。

今年のメンバーは東チームが、橋本七段、中村四段、上田女流二段。

西チームが山崎七段、豊島五段、里見倉敷藤花。

解説者が羽生四冠と矢内女王。

最初に上田女流二段vs里見倉敷藤花の10分切れ負け対局で、

戦型は上田女流二段の居飛車急戦対里見倉敷藤花のゴキゲン中飛車になりました。

図1から

Bant009

▲1五香、△同香、▲1二歩、△2二角、▲2三歩、△1三角、▲1四飛。

と激しい展開になりました。

普通は、▲1五香は無い手に見えますが、時間もあまりない対局だったので、こういう手もあるのでしょう。攻めも結構つながっていました。最後は里見倉敷藤花が競り勝ちました。

途中で時間が足りなくなってきて、最後の方はすごくバタバタしてました。coldsweats01

次は山崎七段、豊島五段ペアと橋本七段、中村四段ペアのペア将棋。

男性棋士同士のペア将棋は珍しいですね。

図2からBant010

 ▲5五歩、△同歩、▲同角と急戦矢倉になりました。

図3の中盤戦

Bant011

ここで、関西チームが決めにいきました。

▲7一角、△7二飛、▲4四角成、△同金、▲5三桂成り。

そこから、関東チームが粘りますが、図4から

Bant012 ▲、8八角が決め手で、同馬と取ると守りが薄くなるので5一飛と粘りましたが、▲4五歩が決め手で以下は関西チームが勝ちました。

中村四段がすごく固まっていたのが印象的でした。coldsweats01

(先後逆になっていました。すいません。)

最後はリレー将棋で、戦型は序盤に上田女流二段が端歩を二回突いて変な戦型になるのかなぁと思いましたが、相振り飛車になりました。

そして図5Bant013 (これも先後逆でした。すいません。)

ここから、先手5四同歩、8八角成り、同飛、3六歩と激しい戦いになりました。最後は関東チームの圧勝でした。

これで、点数が3対3になり、めでたしめでたし、という感じで終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詰将棋解答

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

詰将棋解答です。

詰将棋1、▲1三馬、△3二玉、▲4二金、△2一玉、▲3一金、△1一玉、▲2一金、

△同玉、▲4一飛成、まで

詰将棋2、▲4三銀、△同玉、▲4四飛、△3二玉、▲4一銀不成、△3一玉、▲2二角

△同玉、▲4二飛成、まで

詰将棋3▲1一飛、△2一桂、▲4二銀、△2二玉、▲3三角成、△同桂、▲3一銀不成、

△1一玉、▲2二金。まで

詰将棋4▲2三銀、△1三玉、▲3一角成、△同馬、▲1二銀成、△1四玉、▲2三歩成

△1五玉、▲2四竜。まで

皆さん分かりましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »