« 詰将棋7 | トップページ | 詰将棋 »

小江戸川越名人戦

今日川越名人戦に出ました。

結果は4位でした。

今日は最終戦の事を書きます。

図はたぬきJr.の四間飛車。

Bant020

図から6五歩としました。

この手の意味は、角道を止めれば6七銀から6六銀として高美濃にせず、仕掛けてしまおうという手です。

角交換してくれば、9六歩、9七香、9八飛として香車をさばいてしまおうという意味です。

そして、何手か進んで図

Bant021

ここから、9三香成、同香、9四歩、同香、同飛、9三歩、9八飛、3二金、6一角、6七角

と進みました。

9三歩で9三香は7一角、7二飛、8四飛、7一飛、8ニ飛成で先手優勢です。

最後6一角では9二歩としてれば難しかったのですが、角を使ってしまったので6七角が厳しく後手優勢となってしまいました。

最後はがんばって粘ったのですが、負けてしまいました。

強かったです。

|

« 詰将棋7 | トップページ | 詰将棋 »

自戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550922/47256988

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸川越名人戦:

« 詰将棋7 | トップページ | 詰将棋 »